トラックを買い替えるベストなタイミングの目安と重要なポイント

By | 2016年7月20日

トラックを長期間使用していると故障が多くなり修理を行うべきか買い替えるべきか悩む方も多いと思いますが、買い替えるベストなタイミングを見極めることでトラックの買取価格の大きな減額を避けることができて高く売ることができますし、修理費用を節約することもできます。

5683b2d3eced7cf3807d681c8cd943be_s

しかし、反対に買い替えのタイミングを見誤ると買取価格が急激に減額し、次のトラックを購入する費用に大きな負担がかかりますし、故障個所も日増しに増えていきますので修理費用もそれに比例して増えていくことになります。
また、買い替えを渋った結果、次のトラックを購入できるだけの修理費用を支払っている方も少なくありません。

つまり、高く売れる時期に売ってしまって次のトラックに買い替えた方が費用面で圧倒的に効率的な買い替えを実現することができます。しかし、買い替えの目安となるような基準が分からないためベストなタイミングの見極めに困ってしまう方も多いと思います。

そこで今回は、トラックを買い替えるベストなタイミングを見極める目安とトラックを高く売るために重要なポイントについて紹介していきます。

「そもそもトラックの寿命はどれくらい!?」

トラックのエンジンは耐久性と耐用性に優れたディーゼルエンジンを採用しており、修理がしやすく部品交換も容易に行えるように作られていますので、普通乗用車よりも寿命が長いのが特徴です。トラックの寿命は定期的なメンテナンスや点検を怠っていなければ20年以上は持つとされており、走行距離にして100km以上走行することが可能とされていますが、トラックの寿命の目安としては20年・100km程度とされています。

しかし、実際のトラックの寿命と買取需要の寿命は異なり、中古トラックの需要が限りなく低くなる時期が買取需要の寿命になります。トラック購入者は新車登録から使用年数が11年目から15年程度にかけて故障が多くなり修理費用などのコスト面の問題から廃車にする方が多い状況にあり、11年目以降のトラックには購入者がつきにくいことから、15年目までが買取需要の寿命とされていますので、15年を過ぎたトラックにはほとんど価値が残っていないと判断されてしまいます。

「買い替えのベストなタイミングはいつ!?」

トラックを廃車にする方が多い使用年数が11年目を過ぎるとトラックの価値が急激に下がりますので、高く売るためには必然的に10年までにトラックを売る必要があるのですが、「トラック買取をより高額で売ることができる時期は使用年数が7年目までのトラック」とされています。

これはメーカーのフルモデルチェンジが行われる時期も買取需要に大きな影響があり、トラックなどの商用車は7年~8年おきにフルモデルチェンジが行われており、フルモデルチェンジが決まったトラックは値引き幅が大きくなってしまいますので買取価格も伴うように低くなってしまいます。

「トラックを高く売って次のトラックの購入資金に充てたいという方の買い替えにベストなタイミングは新車登録年から使用年数が7年未満ですので、6~7年ペースの買い替えがベストな買い替えサイクルと言えます。」

「買い替えのタイミングを見誤るとどうなる!?」

買い替えのタイミングを見誤ると買取価格は大幅に下がってしまうことで、買い替え時の購入費用に大きな負担がのしかかってきます。さらに、使用年数が多くなるにつれて故障が多くなり、修理費用がマイナスになっていきますが、15年を超えるとエンジンのオーバーホールを伴う修理が必要になることが多くあり、エンジンのオーバーホール費用だけで100万円以上は必要になってしまいます。

また、エンジンのオーバーホールが必要になったトラックをそのまま売却することも可能ですが、当然オーバーホールに必要な修理分は減額されてしまいますし、廃車を勧められることも少なくありません。

「ベストなタイミングも重要ですが買取業者選びはもっと重要!!」

トラックを高く売るうえで最も重要になっているのは買取業者選びです。トラックの場合はトラックの買取を専門に扱う「トラック買取専門業者」に依頼することで、日本国内はもとより海外に多くの販路を確保していますので、中古車買取業界に買取依頼するよりもはるかに高額で売却することができます。

また、新車登録年から15年を超えると買取需要が限りなく低くなってしまうトラックは廃車にするしかないのかと考えるかもしれませんが、そんな心配は一切いりません。海外では機能性や燃費性が非常に高く、故障が少ないことで根強い人気を誇る日本製トラックの需要が非常に高く、多くの日本製トラックが世界中の幅広い分野で活躍しています。さらに、海外では日本製トラックを30年以上は使用しますし、走行距離も200kmを上回っているトラックがほとんどで、中には300km以上走行しているトラックも少なくありません。日本では「調子が悪くなると買い替える」が主流ですが、海外では「エンジンが再起不能になるまで乗り潰す」が主流です。

トラック買取専門業者は、海外への販路を多く確保していることにより、国内の買取需要の寿命に関係なく低年式、事故車、故障車、水没車、災害車など、どんな状態のトラックであっても高く売ることが可能です。

しかし、低年式のトラックは年式が古くなるにつれて故障も多くなってきますし型遅れになってしまいますので、ある程度減額されていくことは間違いありません。ですので、できるだけ早く古いトラックを売却して次のトラックに乗り換えることをお勧めします。

もし、もうそろそろ買い替えの時期かなと考える方や、古くなりすぎているけど高く買取ってくれるのだろうかと思う方、査定額だけでも知りたいという方は、現在、トラックをより高く売るために多くの方が利用している一括査定サイトを利用してどれくらい高く売れるのかを確かめてみてはいかがでしょうか。

なお、トラック買取専門業者の一括査定サイトは、もちろん費用は無料ですし、基本的にメールでのやり取りとなりますので、査定後の迷惑電話の心配も一切ありませんし、査定で記入したトラックの情報に虚偽が無い限りインターネット査定で得た査定額を買取価格にそのまま反映することを確約しています。さらに、すぐに多くの現金が必要という方にも嬉しい「支払いは振り込みではなく即日現金払い」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です