トラックのリーフスプリングの特徴とメリット・デメリットとは

By | 2016年7月5日

最新のトラックでは空気を充填したゴム製のペローズを使用した「エアサスペンション」も登場していますが、トラックのサスペンションの主流となっているものは、長さの違う板を重ねたリーフ式サスペンションの「リーフスプリング(板バネ)」が採用されていることが多くあります。

また、普通乗用車のサスペンションは、長いバネ銅や銅線をコイル状に巻いた「コイルバネ」が主流ですが、コイルバネとリーフスプリングではどのような違いがあるのでしょうか?サスペンションがリーフスプリングになることによるメリット・デメリットは何なのでしょうか?

そこで今回は、リーフスプリングの特徴や種類、メリット・デメリットについて紹介していきます。

トラックに主流のサスペンション「リーフスプリング」の概要と特徴

「リーフスプリングの構成と種類」

リーフスプリングの構成は、長さの異なる銅性の厚い板バネを4枚~8枚程度重ねたものが一般的で、一番長い板バネが「親バネ」と呼ばれ、両端をシャックルと呼ばれる連結金具でフレームに取り付けられています。また、これらの板バネを使用したサスペンションのことを「リーフ式サスペンション」と言います。

リーフスプリングの形状の違いによる種類には、長さの異なる板バネを重ね合わせた「マルチリーフスプリング」板厚を変化リーフスプリングで重ね合わせた、通称TLS「ロングテーパーリーフスプリング」があり、前輪・後輪での違いは、フロント用スプリングの「フロントリーフスプリング」中・小型トラックの後輪1軸車に多く採用されている「リヤスプリング」大型トラックの後輪2軸車に多く採用されているトラニオンタイプの「リヤスプリング」があります。

なお、リーフスプリングのサスペンションを構成する部品には「ショックアブソーバー」があり、リーフスプリングが撓ることで路面からの振動を吸収して車体を安定させ、ショックアブソーバーで路面からの衝撃を車体に伝えないように吸収することで、乗り心地のいい安定走行が可能になります。

「リーフ式サスペンションの種類」

リーフ式サスペンションとは、車軸と車台をつなぐサスペンション方式の一種で、トラックに使用されているリーフ式サスペンションの種類は、リーフスプリングを逆さにしてトラニオンシャフト上に固定した一点集中型の「トラニオンサスペンション」や、リーフスプリングを各車軸上に設置し、フレーム中央に設置されたイコライザービームに連結した「レイコサスペンション」などがあります。また、レイコサスペンションについては3点支持式と4点支持式があり、一点集中型のトラニオンサスペンションと違い、フレームに3点、4点で取り付けるため、より荷重を分散できてサスペンション自体の軽量化を実現できます。

リーフスプリングのメリットとデメリット

トラックにリーフスプリングが採用されることによるメリット・デメリットは次のような点が挙げられます。

「リーフスプリングのメリット」
・高荷重に耐えることができる
リーフスプリングの最大のメリットは高荷重に耐えられるという点です。普通乗用車に多いコイルバネと違い、リーフスプリングをシャックルで固定していますので、路面からの前後上下の衝撃が緩和され大きなトルクが掛かっても耐えられる仕組みになっています。ですので、重量物の運搬にはリーフスプリングが必要不可欠になっています。

・ショックアブソーバーへの負担が少ない
板バネ自体がショックアブソーバーの作用がありますので、ショックアブソーバーへの負担が少なく、トラックなどの貨物車はショックアブソーバーの交換が必要となることはあまりありません。

・サスペンションの構成が簡単
リーフスプリング自体をサスペンションの位置決め構成に使用することができますので、部品点数を減らすことでコスト削減に繋げることもできますし、修理や交換を容易に行うことが可能です。

・構成が簡単なので修理費用が少なく済む
リーフ式サスペンションは他のサスペンションに比べて簡単な構成になっていますので、パーツも少なく修理費用が少なく済みます。

「リーフスプリングのデメリット」

・乗り心地が悪い
リーフスプリングは銅性の固い板バネが使用されていますので、固い乗り心地や段差などを拾いやすく、トラック自体が跳ね上がることもあります。

・破損しやすい
板バネは衝撃が加わっても変形せずに元の形に戻る素材が使われていますが、何百万回、何千万回と繰り返し負担がかかることによって強度が低下して折れてしまうことがあります。

また、その他にもデメリットとして、「バネ下の重量が重くなる」「設計自由度が低い」などという点も挙げられます。

「まとめ」
今回は、リーフスプリングの特徴や種類、メリットやデメリットについて紹介していきましたが、破損やヘタリが生じても簡単な構成ゆえ自分で簡単に修理を行うことも可能です。修理費用をできるだけ抑えたいという方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です